逮捕と背中合わせ?!現役大学生が語るJKと禁断の愛を育む方法とは

この世で最も尊い生き物、JK。

大学生になった今でも、可能な限り彼女達と戯れたい・付き合いたいという純粋な気持ちは、決していやらしいものなどではありません。

かつてキリストが説いたとされる隣人愛の如く、JKに僕達の愛を注ぎ込むためには、一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、世知辛い世の中になってきた我が国日本において、真っ当な男性陣が極めて健全な形で、JKと触れ合うためのポイントをご紹介していきたいと思います。

決していやらしい目的なんかじゃなく、あくまで「愛の戦士」になったつもりで、JK達が最高の青春を送るための手伝いをしていく事としましょう。

注意:女性は16際になれば結婚できる(民法731条)にあるように、18歳未満の女性と成人男性が恋愛・交際することは違法でありません。しかし、「わいせつ行為」「淫らな行為」に関しては、児童福祉法・条例で禁止されているので、法律違反です。

この記事・サイトは18歳未満の女性との「わいせつ行為」「淫らな行為」を助長しているものではありません。

それでは、本題に戻って見ていきましょう!

そもそもJKとどこで出会う?

この章では、神出鬼没なJK達と我々大学生がどこで出会って付き合うのか、おすすめのスポットをご紹介していきます。

大学の学祭・オープンキャンパス

定番中の定番ですが、大学主催の学祭やオープンキャンパスは、JKと接する機会が圧倒的に多い絶好のチャンス。特に目をキラキラさせて、本気で志望している子が狙い目です。

会話の途中で、学生証を適当なタイミングで見せれば効果はばつぐん。相談に乗るテイで話しを続け、デートのアポまで一気に持ち込みましょう。

瞬時に付き合える事間違い無しです!

入試後の帰宅途中

これは意外と皆知らないおすすめのタイミングですが、入試後のJKは解放感+遊びたさでいっぱいになっているので、基本何を要求してもいけます。

大抵の場合、入試後は最寄り駅まで帰宅ラッシュの大名行列をなしているので、そこで一人でなんとなく歩いているJKを捕まえて、

「これ、何の行列ですか?」とか状況確認をする感じで話しかければ余裕でしょう。まあ入試後なんで、何かあっても警察も見逃してくれるでしょう、きっと。

高校生向けボランティアサークルに入る

合法的かつ親和的にJKと近づく唯一無二の方法は、大学主催のボランティアサークルに入り、高校訪問等を通じて接触するというアプローチです。

だいたいこういう団体にいる奴の9割は陰キャの極み系なんで、少し目立つだけで相当モテモテになる事ができます。

付き合いたいと望むわんぱく少女達も笑顔満点間違い無しですね。

実際に僕もこの方法で何人ものJKとセッションを繰り返し、最後は団体から出禁を食らいました。笑うしかないですね。

出会った際のおすすめ声掛けフレーズ

この章では、実際にJKに話しかける時に使えるおすすめフレーズをご紹介します。

「今、高校生?」

このフレーズを使えば、間接的に「自分=年上」という印象を相手に与える事ができ、かつ自然と上からマウントを取って、その後の会話を続ける事ができます。

「志望校の先輩(大学生)」というブランドだけでイチコロのJKは、きっとあなたの大人っぷりに、即濡れてしまうはず。

注意点としては、自分よりも高みを目指している子や、礼儀正しくまじめな子にはチャラい印象を与えかねないので、分が悪くなるという事くらいですかね。

「勉強、教えてあげるよ」

勉強という口実から、デートまで最短で成約を取り付け、あわよくば付き合うまで最短で行く事が可能な便利ワードはこちら。

対象のJKがちょいおバカ位であれば効果は最大化し、その場で告白されてしまうかもしれない位の破壊力を持ったフレーズです。

ただし、このフレーズもケースバイケースで、自分よりJKのが頭良かったり、そもそも自分が低学歴だった場合は、逆効果どころの話に留まらないでしょう…。

俺の親、医者だよ

親の七光りを最大限アピールし、家柄の良さでJKを囲ってくのがこのフレーズ。

貧乏出身の子や、逆に一人っ子等で甘やかされてきた系のJKにはめっぽう強く、またそういう子は大概貞操観念も低めなので、即目的達成が可能になる事でしょう。

まあしかし、全く持って自分自身の実力ではないので、「あんたの金じゃないじゃん」ってマジレスされたら、その時点で試合終了の知らせが届く事間違いなしです。

JKと遊ぶ前に気を付けておくべき事

この章では、実際にJKと遊ぶ前に、最低限これだけはやっておきたいリスクヘッジについてご紹介します。

できれば制服ではなく私服で来るように頼む

これはなかなか苦渋の決断を強いられる依頼ですが、JKとデートする際にはできるだけ制服じゃなく、 私服で来るように頼む事が肝です。

確かに制服を脱いだJKはもうJKじゃないという意見は、僕も死ぬほどわかりますが、それでも司法で裁かれる重みを考えたら、ここはぐっと堪えるべき。

どうしても制服を着てほしい場合は、公衆の面前でこれ見よがしな恋人つなぎをやめるとか、とにかく不審な挙動をしないように心がける事が重要です

まあ、たまにいますけどね、父親位の歳のおやじが、JKとスリスリしながら歩いてんの。

念書を書いてもらう

当サイトでもちょこちょこ取り上げているようなパパ活や、某アイドルグループの山〇メンバーを始めとした事件など、最近ではJKを中心とした各種事件が横行しています。

こうした最悪の事態を未然に防ぐためにも、対象のJKには事前に 自分との関係性をはっきりさせるための念書を書かせておきましょう。

こうする事で、「自分と相手のJKは恋愛関係にあり、付き合っている。その延長線上で様々な事が発生した。」と、後から自信を持って言う事ができます。

愛に契約書なんて本来要らなそうですが、急に何のトラブルに巻き込まれるかわからないこんな時代だからこそ、 まずはこうした文面契約をJKと結ぶ事から始めるべきです。

結論:女子高生とは健全な恋愛を!

冒頭でもお伝えしましたが、「真摯な付き合い」以外の恋愛は法律違反なのでするべきではありません。

「真摯な交際」をしていきましょうね!ジェントルマンのみなさん!ではさようなら!