童貞だってデートに誘うのは簡単だ。メッセージ完全攻略法

こんにちは。カズヤです。

こちらは童貞卒業コンテンツの第4回「マッチングアプリで童貞卒業」です。

過去3回では、童貞卒業の前段階として、童貞の原因を突き止めて解決する講座を見てきましたね。

それぞれ大切な事なので、ぜひ読んでください。自分で言うのもあれですが、読んでおいて損はありません!

では、本題に入っていきましょう。

マッチングアプリでデートを誘う方法でしたね。

「童貞で、マッチングアプリを使った事がない人」に向けて、マッチングアプリでデートまでこぎつける方法について見ていきます。

では、気合いを入れていきましょう!!

童貞が使うべきマッチングアプリ

童貞が使うべきアプリ

童貞が使うべきマッチングアプリは、タップル誕生です。

童貞が使うべき、、、というよりは一番おすすめなアプリがタップル誕生。

僕も使ってますし、今後も使うでしょう。

同世代の方が話しやすいですし、何よりマッチしやすいんです。

それではまず、マッチングアプリについて軽く説明しておきましょう。(もう知っている方はしばしお待ちを・・・)

マッチングアプリでは、主に2通りのマッチ方法があります。

  • 1)あなたが好みの人にいいねする
  • 2)相手がそのいいねに対していいねを返す
  • 3)マッチ!!
  • 1)相手があなたにいいねする
  • 2)あなたがそのいいねに対していいねを返す
  • 3)マッチ!!

基本的にはどのようなマッチングアプリでもこの2パターンです。

では、マッチングアプリを使ってあなたはどんな行動を取るべきなのでしょうか。

次の章でお話していきます。

マッチングアプリの2つの極意

デートの極意

ちなみに、僕はマッチングアプリで童貞を卒業しました。

その時は単純にマッチングアプリくらいしか出会いの場がなかったのでそうしたのですが、今思うと正解だったなあとしみじみ。

ただマッチングアプリというのは意外と難しく、初めのうちは中々マッチングしませんでした。

時間が経てばマッチするコツは自然につかめると思いますが・・・

今回は「3ヶ月で童貞卒業」が目標です。コツを先に教えるので、ざっと目を通してください。

あなたの価値と競争率を見極める

マッチングアプリの一番大きな特徴は、1対1ではない事でしょう。

あなたは誰にでもいいねを送る事ができますし、何人にでも送る事ができます。

ただ、それは相手も同じです。

あなた以外の複数の男性からいいねをもらっていますし、あなた以外の複数の男性にいいねを送っています。

その中で、デートに行く相手はせいぜい数人/月。その門をくぐり抜けなければいけません。

もちろん、「いや!俺はどんなに狭き門でも通ってやるんだ!!」という意気込みがある方ならば、どうぞ人気ランキング上位の超絶美少女にいいねを送ってください。

そうではない方・とにかく童貞を卒業したい方・女性とデート経験が少ない方は、わざわざ人気な女子にいいねをしに行く必要はありません。

なぜなら、マッチングアプリの最大の目標は「女性とのデート経験を増やす事」だからです。

つまり、質よりも量。(悪い言い方してすいません)

まずは量をこなす事が大切

まずは量をこなしましょう。あまり適切な言い方ではないかもしれまれんが、まずは量をこなして経験値を貯める事が大切。

さらに、いきなりラスボス級の超絶美少女に果敢に挑んではいけません。

まずはクリボーを倒して経験値を貯める事が先。

クリボーのような女性・・・というのは失礼になりますが、競争率の低そうな女性を狙う事をおすすめいたします。

何度も言いますが、あなたは競争力が低いんです。まだ新米勇者。

最初は競争率の低そうな女性から狙っていき、徐々に慣れてきたら相手のレベルを上げていきましょう。

いつか来るクッパ級の相手でも攻略できるよう、自分のレベルを上げておくのです!!

では、具体的にマッチングアプリで女性を誘う手順をご紹介していきましょう。実際に僕が使っていて一番効果的だった手法ですので、ぜひ使ってくださいね。

童貞がマッチングアプリでデートを誘う方法

デートに誘う方法

マッチングアプリの仕組みはいたってシンプルで、「いいねを送る」→「相手がいいねを返す」→「マッチ成立でメッセージし放題」の流れです。

この工程の中で、相手が微妙だったなと思ったり思われたりすると連絡が途絶えます。

つまりいいねを送ってから会うまでの間に、女性の数は減っていくんです。(当たり前)

この逆三角形で、あなたが取るべき行動は二つ。

1)入り口の母数を増やす

2)離脱される女性を減らす

この2つを努力するだけで、女性とデートいいける確率はグンと伸びるんです。

それぞれについて説明していきましょう。

1)入り口の母数を増やす

これは簡単な話で、「いいねをしまくる」だけ。

本当にこれだけです。単純計算でいいねを2倍の人にすれば、マッチ率も2倍になります。

簡単でしょ?(笑)

入り口の母数を増やす事ができたら、次は離脱される女性の数を減らしましょう。

2)離脱される女性を減らす

先ほどの図をもう一度みて見ましょう。

いいねを押してくれてから、デートにこぎつけるまでで女性が離脱するポイントは・・・

・あなたのいいねに対していいねを返そうと思わない
・マッチしたけどメッセージが始まらない
・メッセージをしたけれど、デートにはいく気が起きない

概ねこんなところでしょう。

つまり!それぞれの問題を解消してあげればいいだけ。簡単です。

あなたのいいねに対していいねを返そうと思わない

理由は簡単で、あなたの魅力が足りないからです。

逆にあなたがいいねをもらっても嬉しくない女性とは、どう言う人でしょうか・・・つまりそう言う事。

マッチングアプリは初めは外見で判断されます。外見を良くするには外見を磨くしかありません。

外見を磨いていない人は、「モテるための清潔感の正しい魅せ方。」の記事に載っていますので参考にしてくださいね。

ここでのマッチ率が今後のメッセージやデートする女性の数に関わってきますから。

うまくマッチする事ができたら、メッセージに進みましょう。

マッチしたけどメッセージがはじまらない

メッセージで何を送ればいいのかわからない

1通目に返信が来ない・・・

これは本当に多い悩みです。現に僕はこの2つの問題に長々と悩まされました。

ただ、答えは簡単でした。

そもそもどんなメッセージを送っても、返信しない子は一定数いる。

これに尽きるんです。

僕はメッセージを無視されるたびみ心がすさみ、枕を濡らす夜がありました・・・

今ではメッセージを無視されても何も感情はわきませんがね(笑)

マッチングアプリは気軽にできる事から、恋愛に真剣出ない人も多く利用します。初めてみたけど面倒臭いや〜という人も全然いますよ。

コツは、とにかくたくさんメッセージを送る事。

あとは、自分の事を一方的に話すのではなく、相手の事も話させる事です。

メッセージをしたけれど、デートにはいく気がおきない

メッセージはしてるんだけど、デートに誘えない・誘っても断られる人。それはタイミングが悪いだけ。

マッチングアプリは、いつでもどこでもできますよね。

めんどくさかったらアプリを閉じればいいだけですし、だるかったら「はい!ブロックゥ〜」とできてしまうわけです。

それに比べてデートは、かなり面倒臭い行為です。

その日の予定を開けて、化粧して、おしゃれして、一緒にご飯でも食べて、お金も使って・・・と気力体力共に使います。

それでもデートに行きたい!と思わせるには、「メリット」が必要。

一番簡単なメリットは、「あなたといると楽しいと思わせる事」です。

会話が楽しい!と思わせる事で、「実際にあっても楽しい人っぽいな」と思ってくれるでしょう。

では、どうやったら会話が楽しい!と思わせる事ができるのか。

実際に僕が成功した会話例を載せておくので、真似してみてくださいね(笑)

のみに誘うまでの会話例

会話のコツは、「相手の事を聞く→共通点を探す→盛り上がる→あってもっと話そうよ!」これだけです。

あなたの事を必要以上に話す必要はありません。

男性はよく自分語りをしがちな生き物ですが、これが一番女性に嫌われる原因です。

まずは相手の事を聞く

出身はどこですか?

趣味は何ですか?

休みの日はなにしてますか〜?

など、何でもいいので質問してみましょう!

失敗しても大丈夫です。マッチングアプリにはいくらでも居ますから(笑)

さらに会話を続けていと、共通点が見つかってくるはず。

共通点を深掘りする

出身・趣味・休みの日などは浅い会話です。ずっと浅い会話をしていると相手い飽きられてしまいます。

飽きられる前に、共通点を見付け出しましょう。

そして、その共通点について深い会話をしていきます。

会話を深める王道は、5H1Wですね。これは誰しも聞いた事があるはず。

Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)の5つを会話に織り交ぜつつ距離を近めていく。これが鉄則です。

例えば、相手の趣味が映画鑑賞だった場合。

Who(だれが):誰とみにいくの〜?
When(いつ):最近いつ行った〜?
Where(どこで):やっぱり映画館で見る派?
What(なにを):見るのはアクション系?ホラー系?
Why(なぜ):なんで好きになったの?
How(どのように):映画当日決める?それとも予約していく系?

そしてそれぞれの答えに対して、距離を詰めるような返しをしていきましょう。

「誰と見にいくの〜?」

「友達かな〜」

「そ〜なんだ〜!どんなの見るの?」

「洋画が好きかな!」

「ホラーとかいける?w」

「絶対ムリ(笑)しぬ(笑)」

・・・みたいな適当な会話で大丈夫です。

とにかく盛り上がる事が先。

一通り盛り上がったら、デートに誘ってみましょう。

会ってもっと話そう!と誘う

僕とデートしませんか?

おいしいイタリアンを見つけたんだけどどうですか?

こんなのはダメです。引きます。一つ目はグイグイすぎて引きますし、2つ目はテンプレすぎて引きます。飯で釣ろうとしている感が出ています。

大切なのは、「会ってみたい」を伝える事。

でもいきなり誘うのではなく、会う事を相手に想像させましょう。

〇〇ちゃんと会ったら、2人でずっと〇〇の話しそう(笑)

お互い肉好きすぎて、2人で焼肉行っても無言で食い続けるよね(笑)

そこで相手の反応を伺うんです。

大抵の人は、いきなり「今度ご飯行かない?」と一か八かの勝負にでがち。これでは成功確率はあがりません。

2人で会った時の事を想像させ、相手の反応が「確かに(笑)」「それな(笑)」みたいな好感触だった場合、すかさずこう言いましょう。

「今度ご飯行こ!!」と。

ここはストレートに、かつ気軽な感じでいきましょう。これでご飯くらいOKしてくれるはず。

もしダメなら、次はもうすこし会話を深めるユーモアを混ぜて会話する事を心がけてください。

いつの間にか、女性と会話する事が楽しくなってくるはず。

デートに誘えたら、デートに行こう

デートに行こう
そして、デートに誘えたならデートにいきましょう。

実際のデートでの振る舞い方については次の記事でご紹介していきます。「初デートでの会話編」ですね。

それでは。