【マッチングアプリのデート2回目攻略】誘い方〜告白まで完全版

恋のチャンスは、

熟れている時にもがなければならない

果物のようだ。

一度地に落ちたら

二度とチャンスはないだろう。

- ポール・ヴェルレーヌ -

(フランスの詩人 / 1844~1896)

これは19世紀後半のフランスを代表するポール・ヴェルレーヌが残した名言。

マッチングアプリのデートで一番大切なのは、相手との距離感です。

特に!!2回目のデートというのは、あなたの距離感センスがもっとも問われる場所。

今回は、マッチングアプリで2回目のデートをするときのノウハウをご紹介していきます。

まずは2回目のデートで押さえておく点から。

マッチングアプリのデート2回目は分岐点

マッチングアプリの2回目デート

1回目のデートは、相手が抱いている感情は「少し好意がある」程度。

メッセージ数通した程度でしょうし、相手もそこまで期待はしていません。

対して2回目のデートは、相手が抱いている感情が人によって全然違います。

1回目のデートで少しだけ相手のことが知れたから、もう少し知りたい!

割と好意があるから、次はグッと距離を縮めたい

電話も何回かしてるし、正直好き!!告白してくれたら嬉しいな。

相手の事をもう少し知りたい程度の人に対して、告白してしまってはNGです。反対に告白してほしい人に対して、1回目と全く同じような事を話して終わってしまえばがっかりされますよね。

コツは、相手がどういう気持ちを抱いているのか、探ってみること。

ではどうやって探っていくのか?

2回目のデートの流れにそって解説していきますね。

まずは、デート先を決めるところから。

その1 場所を決める

マッチングアプリのデート場所
2回目のデートで場所を決めるのはそこまで難しい事ではありません。

え、難しいって?

それは、1回目のデートで次を決めなかったあなたのミスです。

デートの鉄則は、次に繋げる事ですよ!!

カフェデートをしていたら、「次は夜ご飯いこうよ!」

ディナーデートをしていたら、「次は違う店いいこうよ!」

相手が服が好きだったらおしゃれな服屋巡りでもいいですし、猫カフェでも、映画でも、誘う場所はいくらでもあるはず。

ただ、1回目のデートで相手を誘えなかった!という方もいますよね。

そういった方は、LINEなり電話なりで誘いましょう。

特に約束してないならご飯デートに誘おう

基本的に、夜のディナーデートが一番です。

理由は以下の通り。

夜デートがおすすめな理由

  • 時間がしっかりとれる
  • お酒でリラックスできる
  • 平日の仕事が終わった後に気楽にいける

ここら辺の、そもそもデートとは?みたいな事は記事「【マッチングアプリの初デート攻略】食事と会話で心をわし掴め」に書いているのでそちらを参考にしてください。

では具体的にどうやって誘うのか?

LINE上の流れで確認していきましょう。

その2 ベストな誘い方で誘う

マッチングアプリ2回目デートの誘い方
よくいるのが、自分を守りながら相手を誘う人。

ダメな誘い方

暇だったら、また飲みにいかない〜?

いきたいレストランあるんだけど、よかったらどう?

2つ目はそこまで悪い気はしませんが、「なんで私を誘うの?」って疑問に思う人もいます。

いや、誘った時点で気になってるからって分かれよ!!って気持ちもわかります。

誘いはシンプルに、ストレートに。その方が相手もわかりやすいですし、誘いに乗りやすいです。

良い誘い方

よかったら、また会いませんか?もっと話したいです!!

はじめて会ってみて、めっちゃ楽しかったです。次はデートしませんか?

1回目のデートが好感触で、相手も会いたいと思ってくれている確信がある場合は、2つ目のようにストレートにデートに誘ってみるのもありでしょう。

2回目のデートの誘いがOKされたら、恋はかなり進んでいると思ってOK。

見ず知らずの人と2回も会うなんて、好意がないとできないです。

ただ、2回目だからって相手が好きになってくれたと勘違いしてはダメ。

あくまで脈あり程度。

好きになるには、もう一段階必要です。

その1段階を進むには会ってからが重要!!!

会った後の振る舞いについて、確認しておきましょう。

その3 会話で脈ありかを見極める

2回目デートの会話術
2回目のデートですべき会話は、距離を縮める為の会話です。

「今日、仕事で〇〇なことがあってさ〜」

「パスタはやっぱりカルボナーラに限るよね〜」

「朝起きたらまず顔を洗う派?歯を磨く派?」

こんな会話をだらだらとしていては、距離は縮まりません。

距離を縮める為の鉄板トークは、恋愛の話。

「どんな人がタイプ〜?」

「恋人はいつからいないの?」

「好きなデートスポットは?」

これらの会話を展開する事で、相手との距離は縮まります。

また、今後の事を考えて恋愛観を探っておくのもテクニックの一つ。

「だいたい、初めて会ってからどんくらいで付き合うの?」

「恋人と続いたのは最長どのくらい?」

注意していただきたいのは、質問攻めになってしまわない事です。

質問ばかりされると、試されている感がでてしまい、いい気はしません。

あくまで会話を楽しむ事が優先。

相手との距離感を縮めつつ、会話を楽しみましょう。

そして2回目のデートで最後に気になるのが、、、どこまでしていいのかって問題。

その4 手を繋ぐ?告白?キス?それとも…?

2回目デートで手はつながない
2回目のデートに置いて、どこまてしていいのか問題は誰しもあります。

結論、人によって大違いです。

手を繋ぐまではOkな人もいれば、触れられただけでヤリモク認定してくる人もいます。

前提として、手は繋がないこと。

理由は簡単です。危険だから。

相手がどう思っているかなんて、実際のところわかりません。

もちろん、相手から「好き!」とか言ってきたらわかりますけどね(笑)

ボディタッチしてOKだったから、、、

恋愛のタイプをきいたら自分に当てはまってたから、、、

だって2回もあってくれたし、、、

こんな曖昧なデータだけで手をつなごうとすると、痛い目を見るだけ。

そして、もうひとつ重要な事があります。

それは、、、手をつながなくても嫌われないって事です。

手をつながなくても嫌われない

別に、2回目のデートで手をつながなくても嫌われる事はありません。

反対に2回目のデートで手を繋いだ結果、相手が自分の事を嫌いになる可能性はあります。

そんなリスクを犯してまで、手を繋ぎたいですか?

手を繋ぐのは、相手を惚れさせてからいくらでもできます。

そんな事より大切なのは、相手に好意を伝える事。

2回目のデートで必ず好意を伝えよう

2回目のデートで手を繋がったからといって、嫌われる事はありません。

2回目のデートで嫌われるのは「1回目のデートから進展がない事」です。

1回目のデートでたわいもない話をして仲良くなり、2回目のデートでもたわいのない話をして解散・・・

これでは相手としても「この人そこまで好意もってくれてないのかな?」と感じてしまいます。

なんとしてでも、好意を伝えましょう。

なにも告白をしよう!と言っている訳ではありません。好意をつたえるだけ。

「一緒にいて楽しい」

「また遊びたい」

そうやって相手に、好意を伝えてください。

ここで相手も乗ってきたら、恋はいい方向に進んでいると考えていいでしょう。

相手を好きにさせるテクニックなんていりません。

あなたが好きなら、それを伝える事が一番効果的ですよ。

そして別れ際に「また、誘っていい?」と聞いてみてください。

笑顔でもちろん!と言ってくれたなら、スキップしながら帰りましょう。

ぎこちない笑顔で「ハイ…」と言われたら、ぎこちない笑顔で帰りましょう。

断られたら、、、おもむろにマッチングアプリを開きましょう。

その5 2回目のデート後のベストなフォロー

2回目デートが終わったあとは
最後に、2回目のデートが終わった後のフォローについてです。

2回目のデートがうまくいっても、行かなくても、お礼メールはかならず入れてください。

「今日はありがとう!楽しかった!また遊びにいこう〜」

軽めで問題ありません。

相手からも帰ってきたならそのまま会話を続けましょう。

1回目も2回目もご飯デートにいったなら、水族館やカフェ、買い物にでも誘ってみてください。

2回も会って話していれば相手の好みがわかるはずなので、相手が好きなところに案内してもらうのもいいでしょう。

マッチングアプリ2回目のデートは重要な分岐点

マッチングアプリ2回目デートはお互い楽しく
マッチングアプリ2回目のデートの攻略法として、誘い方〜デート後のフォローまでみてきました。

2回目のデートにどこいったらいいかわからない人や、2回目のデートで何を話したらいいかわからない人は、1回目のデートで相手の事を深く知れていない証拠です。

2回目のデートは、相手の話を引き出していろんな話をしてみてくださいね。

きっとうまく行くはずです。